【利休七則】~夏は涼しく、冬は暖かに~

お茶の点前では、同じ点前なのに、夏と冬で意味合いが違ってくるものがあります。

「茶巾絞り」という点前があるのですが、これは水屋で茶巾をたたまずに席中でたたみ直します。

なんで?と思われるでしょうが、これは時間を稼ぐためです。

夏はお湯で茶碗を温めると熱いので、お湯を捨ててから茶巾絞りをして、時間を取っている間に茶碗を冷まします。
冬は逆に、茶碗にお湯を入れてから茶巾絞りをして、茶碗をお湯で十分温めるようにしています。

お湯をいつ捨てるのか、

たったこれだけのことですが、ほんのちょっとした気遣いで、お客様に美味しいお茶をいつも以上に美味しく召し上がって頂けるのです。

いつもと同じ動作でも意味を考える。

意味を考えると、今なにをすべきがが見えてきますよね。

返信する

必須項目には印がついています*