【お茶のお正月】

11月は茶道ではお正月です。

5月の新茶の季節に茶壷に茶葉を詰め、封をしてお茶屋さんに保管しておいてもらいます。そして、美味しい飲み頃になったこの時期に封を切りお茶を楽しむのです。

この時期は「口切の茶事」と言って、茶壷の封を切り新しいお茶を楽しむお茶会が多数開催されます。だから11月は他の月と比べて着物を着ている人を良く見かけます。

またお正月なのでめでたいということで、「松」にちなんだ掛物もよく掛かります。

「松無古今色」「松樹千年翠」

松は秋になっても色が変わることなくいつも青々としています。その不変さ、またその青々としていることがおめでたいのです。

変わることも大切ですが、変わらないことも重要ですよね。

返信する

必須項目には印がついています*