【日本人とお茶】

茶道と禅は切っても切り離せないものですが、なぜ禅と結びついたのか?

元々のところで言うとお茶を禅宗が日本に持ち込んだから、と言えると思います。

世界中にお茶文化はあり、紅茶は発酵茶、烏龍茶は半発酵茶、そして日本茶は不発酵茶という分類になります。
たまたま、中国からもたらされたのが不発酵茶である緑茶だったので、発酵茶がもたらされていたら今の抹茶の文化はなかったかもしれませんね。

歴史の妙と言いますか、タラレバはありませんが、緑茶がたまたま日本に入ってきたという偶然か必然か。。。。

茶道をやっている身としては、この偶然に感謝しなければなりません。

返信する

必須項目には印がついています*